読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倦怠感?

疲れが出てきているのか、やる気が入らずにいます。

月曜日は試験なのに。

 

今、BUMPの公式サイトに行ってみたら、いきなり「Butterfly」が流れるでやんの。

反則です(笑)

さっきも聴いたばかりなのに。

 

その前はヘッジホッグ・ダイアリーズを聴いていました。

細美さんね。

 

作ったばかりですが、作りかえたくなっております。

あまりにも稚拙なことしか出来ない腕前なのでね。Webがね。

何しろ、20年前のデザインだって言われてしまったので。

アーティストの公式サイトをまわっては、ソースを見てまわるのでした。

さすがにHTML5になっているよね。

 

何もかもブラッシュアップしたい。

もっともっと出来るようになりたい。

資格があっても使えないのは嫌だ。

きちんと出来るようにしたい。

でも一番大事なのはセンスを磨くことだよね。

 

自分磨きたら言う恥ずかしいことは言えないし、出来ませんが。

腕を磨くことにはためらいはない。

それはそう思う。

 

何か自分磨きって言うとさ、おしゃれな人の特権みたいで自分には関係ないなあと思うけれど。

でも実力は付けたいもんね。

それならば自分にも言える。

 

音楽について書くはずなのに、結局いつもそのままの自分の思考が出てしまいますね。

 

なんだかんだでバンプの「Butterfly」をリピしています。

うーん。

気になるのよね、やっぱり。

着かず離れずといった感じですが、いつもはね。

やっぱり、量産型という言葉と、あのピコピコなアレンジがひっかかってしまうのかな。

メロディーはいいとは思うのですが。

 

なんか、細美さんみたいに手放しで褒められない何かがある(笑)

まあ、それも仕方のないことだ。

 

「あまりにも綺麗だから、愛されなかった量産型」というとやっぱり細美さんを思い浮かべる。

量産型じゃないけれど(笑)

 

きっと藤原自身は自分のことを「量産型」だと言うだろうし、思っているのだろうなあ。

あえて、量産型という言葉を使った意味を知りたい。

こんなふうに本を買ったり読んだりしたくなるように仕向けているのだとしたら凄いことだけど。

無意識でなんだろうなあ。量産型。

 

普通ということと量産型ということは同じなのか。

 

人生には無駄な経験はない。

私もそう思えるようになってきましたが。

出来れば辛い経験や苦労は避けて通りたいよね。

好んでぶち当たる人はいないよね。

でもそれを通り過ぎてみて初めてわかることはたくさんあるんだよね。

仕方がないこともあるよね。

それも運命だったのかなあと。

過ぎてしまえばね、そう思うけれど。

 

でも、仕方がないことだ、運命だったんだと思えるようになるまでにも随分時間がかかりました。

つい最近ですね、そう思えるようになったのは。

 

利用されたり、騙されたりというマイナスの経験はあまりしたくはないよね。

でもさ、いつかはそういうあれな経験も受け入れられるようになるとしたら。

心の負担がひとつ減るよね。

心の負担はひとつ減りましたよ。

良かった、良かった。

 

受け入れるって結構大変。

認めるのも大変。

承服できかねることもたくさんある。

でもそれを受け入れてこそ、次の自分があるような気もします。

 

問題は次から次へと巡ってくるものなのよね。

終わりがないのが心の修行かな。

たまに疲れてしんどくなりますが、そうしたら休めばいいよね。

 

私自身は、こうして文章にすることが一番の整頓になるようです。

読まされる人がかわいそうですが。ごめんなさい。

でも、ありがとうございます。

 

いろんな意味でゼロ地帯にいる気がします。

精神的にも、肉体的にも。

無職だからというのもある(笑)

体重は限りなく、ゼロから遠いけれど(-_-;)

 

いつもいろいろと考えさせられるBUMPの歌詞なのでした。

無理にまとめました。